• 看護師不足
  • 離婚の危機を感じたら…
  • 看護師としての復職の第一歩を…
  • 看護師の立派な姿
  • 働く看護師:法律を有効に使いましょう。
  • 看護師の立派な姿

    Written by sun2smori on 水曜日, 11月 6th, 2013 ( Start discussion )

    個人クリニックで働く看護師、総合病院や病棟で働く看護師、福祉施設で働く看護師、企業で働く看護師、
    看護師が働くステージは多岐に渡り、看護という立場から人の命と健康を守る立派な職業ですよね。

    普段、私たちの生活の中で、人のために懸命になれることってあるでしょうか?
    家族がいれば家族のために奮闘することや手助けすることがあったとしても、それは家族だからこそです。
    常に、自分と自分を取り巻く環境を優先に考え、他人様のために…と考えて生活している人は、おそらくいないのではないでしょうか。

    看護は字の如く、「看」は「手をかざしてみる ながめる」「護」は「守る 助ける」という意味があります。
    看護師は常に患者さんに目と気を配り、必要に応じたサポートを行い、どんな時にも患者を思い優しく接し、どんなにハードな仕事であっても、その大変さを決して態度に表したりしません。

    看護の具体的な仕事の内容としては、病院やクリニックなどで、医師が行う診療の補助的役割を担い、治療、処置などの臨床看護としての技術的能力を要する仕事だけではなく、治療に関わる患者さんのお世話、療養生活の指導、健康回復への援助と自立援助、病気の予防や健康増進への指導、精神的な支えと心のケアなど、人としての能力をも要求される仕事です。

    さらに、昨今の医療の高度化や複雑化に伴い、看護師に求められる技術や知識も高度になってきているので、仕事に就いてからでも技術や知識の習得のために勉強しなければならないことはたくさんあります。

    看護師の過酷な労働条件は誰もが想像つくことでしょう。自分の体力と精神力、忍耐力と闘いながら、自分の責務を果たしていることを考えると、本当に頭が下がる思いになります。

    時には、自分の体調が悪い時もあるでしょう。子供が体調を崩して寝込んでしまうこともあるでしょう。それでも、看護師は自分の都合で休むことなく、患者さんが待っている病院へと向かっているのです。

    過酷な労働環境にありながら、常に患者さん第一に考え、行動できる看護師の働く姿は、いくら職業とはいえ、私たちも見習うべきところがあるのではないでしょうか。

    私はそう思います。

    現在、コメントフォームは閉鎖中です。

    アーカイブ

    Wordpress theme offered by MyDaysOf.com